So-net無料ブログ作成
検索選択
写真 - 山岳 - ブログトップ
前の3件 | -

ドタバタな遥かな尾瀬でした [写真 - 山岳 -]

ニッコウキスゲの黄色い花が尾瀬の湿原を染める季節がやってきました♪
昨年と同じ方法で7月17日の夜から20日までを使い、今年も尾瀬を歩く計画です。
予定した人気列車、寝台列車サンライズ瀬戸・出雲も1ヶ月前にチケットも取り準備万端(V^-°)イエイ!

安心しきった矢先・・・台風三連発(ジェットストリームアタックですなぁ・・・)
気になっていたのは台風11号の動き・・・進路予報は直撃・・・前日16日夜半から17日朝に掛けて岡山を縦断する見込みです。
心配になってきました(((p(>o<)q))) いやぁぁぁ


[7月17日(金)]
台風が行き過ぎてしまえば問題ないだろう・・・と思っていましたが・・・
JR西日本のサイトにはなぜか、

17日のサンライズ瀬戸・出雲 東京行き 運休のお知らせ

|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

エラいこってす(°°;))。。オロオロッ。。・・((; °°)

仕事そっちのけで(すみません・・・)どうするか再検討・・・
 新幹線は動いている!
 時間的に埼玉の実家には辿り着けそうも無い( iдi ) ハウー
 東京駅近辺のホテルなど今からとれるのか?
 そもそもケチの着いた計画・・・キャンセルしてしまおうか?

ダメもとで楽天トラベルで東京駅付近のホテルを検索・・・・・あった〜ぁ v(°∇^*)⌒☆ぶいぶいィ~♪
とりあえず東京駅迄行こう・・・・

会社から帰宅後、大急ぎで出発!
岡山駅のみどりの窓口は、金曜日&三連休前で大混雑・・・サンライズの特急券を払い戻しして東京行き19時53分発のぞみ60号飛び乗って岡山を出発。
23時12分東京駅に到着・・・八重洲口のビジネスホテルにチェックイン・・・・就寝(-_-).。oOO グゥグゥ・。・。・。

[7月18日(土)]
東京駅宿泊の利点を生かそう・・・
上越新幹線を前倒しして1本早い大清水行きのバスに乗る事にします。
予定していた7時48分発Maxとき305号から6時36分発Maxたにがわ401号に変更し、今回は上毛高原駅を目指します。
7時53分上毛高原駅に到着・・・台風の影響でしょうか、雨がシトシト降っています(゜ーÅ) ホロリ

8時10分上毛高原駅発の関越交通バスに乗り、順調に10時10分に大清水へ到着しました、当初予定よりも2時間前倒しできました。
大清水から一ノ瀬間は(良いか悪いかは別にして・・)営業運転が始まった低公害車に乗ります。
10時30分に乗り、一ノ瀬まではおよそ15分・・・・一ノ瀬到着時は予想通り雨(゜ーÅ) ホロリ

11時30分に一ノ瀬を出発、1年ぶりの山歩きですから三平峠への登りはやはりキツイです( iдi ) ハウー
13時に尾瀬沼畔の三平下に到着・・・無料休憩所で遅い昼食。

長蔵小屋には14時到着・・・・ここまで1枚も写真撮っていませんわ(;´д` ) トホホ
夕方になり雨は上がりました・・・カメラを持って大江湿原へ出てみます。
尾瀬へ入ってくる方も殆どいなくなり、静かな大江湿原・・・
ニッコウキスゲは昔程多くありませんが、ここ数年では花数も多く、この分岐付近が一番多いように感じます。
DSC_1826.jpg
[カメラ]Nikon D810 + Tokina AT-X270AF PRO 28-70mmF2.8

夕食前のマッタリとした時間帯・・・山小屋から湿原散策にパラパラと人が出始めます。
こうなると望遠レンズの出番です(o^<^)o クスッ
DSC_1858.jpg
[カメラ]Nikon D810 + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

この日はこのまま就寝(-_-).。oOO グゥグゥ・。・。・。

[7月19日(日)]
この日は4時頃に目が覚めました・・・朝焼けになる事は無く、辛うじて燧ヶ岳が見え隠れ、、、、
朝食迄にまだ時間がありますので、大江湿原に出てみます。
DSC_1868.jpg
[カメラ]Nikon D810 + Tokina AT-X270AF PRO 28-70mmF2.8

ニッコウキスゲの花は咲き始めで、連休明けからが花数も増えてより黄色さを増したでしょう・・・
DSC_1874.jpg
[カメラ]Nikon D810 + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

長蔵小屋をのんびり7時30分頃に出発、尾瀬沼の北岸を通り、白砂峠越えで見晴の第二長蔵小屋を目指します。

小屋前の花壇にはヒメサユリも咲き始めでいます(@^∇^@) わぁーい
DSC_1892.jpg
[カメラ]Nikon D810 + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

この花観たさに毎年訪れる訳で・・・鹿の食害による花数の減少が気になるニッコウキスゲです。
DSC_1899.jpg
[カメラ]Nikon D810 + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

今年はハクサンシャクナゲがちょうど良いタイミングだったようですね(^-^ ) ニコッ
DSC_1913.jpg
[カメラ]Nikon D810 + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

11時には見晴に到着。
無料休憩所で昼食を済ませてから、湿原を少し歩いてみました。
見晴周辺にはニッコウキスゲはポツポツ咲いている程度・・・・第二長蔵小屋に早めに入りお昼寝(-_-).。oOO グゥグゥ・。・。・。
夕焼けになる事も無く、夕食後にそのまま就寝(-_-).。oOO グゥグゥ・。・。・。


[7月20日(月)]
朝焼けなく霧が濃い尾瀬ケ原ですが、青空が見え始めています。
朝食の後にコーヒーを頂いた後、7時30分に第二長蔵小屋を出発、東電小屋経由で尾瀬ケ原を歩きます。
尾瀬ケ原の景色・・・・やはり真っ青な空、広大な湿原に伸びる木道・・・というのが私のイメージです。
DSC_1947.jpg
[カメラ]Nikon D810 + Tokina AT-X17AF PRO 17mmF3.5 ASPHERICAL

ヨッピ川沿いにカキツバタが美しい一角がありました。
DSC_1975.jpg
[カメラ]Nikon D810 + Tokina AT-X270AF PRO 28-70mmF2.8

ちょっとズームアップすると庭園のようです。
DSC_1982.jpg
[カメラ]Nikon D810 + Tokina AT-X270AF PRO 28-70mmF2.8

山ノ鼻には10時到着、小休止の後に鳩待峠に向けて出発。
いつ来てもこの最後の登りはキツイです(^u^;) ハァハァゼェゼェ・・・
11時30分には鳩待峠へ到着、大急ぎで昼食をとり、お土産を買って、12時過ぎには乗合タクシーで戸倉のバス停に向かいます。

無事に13時12分の上毛高原駅行きの関越交通バスに乗る事が出来、14時59分には上毛高原駅に到着しました。
乗り換え時間が10分しかありません・・・帰りの新幹線の特急券は一切買っていないので、、、、券売機で大慌て。
ぎりぎり15時09分のとき326号に間に合いました。

東京駅に16時20分到着・・・・のぞみ号の特急券、、、、みどりの窓口は長蛇の列Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
券売機でどうにかなりそうですが・・・満席ばかり・・・・仕方がありませんので高いけどグリーン車しかありませんね(T_T) ウルウル

ということで16時40分東京発のぞみ189号でこの行程で一番快適に過ごし、20時04分に岡山駅に無事到着致しました。

台風で当初の予定が変わったりと往復の足がドタバタだった今回の尾瀬。
ニッコウキスゲのピークには少し早かったですが、1年ぶりでもあり歩いた感が半端無くあります。
沼畔長蔵小屋では懐かしいスタッフさんにもお会いできて嬉しかったです。
hidamariさんともお会いすることができました♪

岡山からは遥かな尾瀬ですが、今年もう何度か入りたいなぁ・・・
nice!(34)  コメント(10) 

今年も遥かな尾瀬でした♪ [写真 - 山岳 -]

18日の金曜日にお休みを頂いて連休絡めて尾瀬を歩いてきました。。。。。。((( ^ ∀^) ♪♪♪

今となっては「遥かな尾瀬・・・」になってしまいましたので、昨年から1年ぶりとなる入山です。

今年もやはり・・・これを使いました(*^m^*) ムフッ
DSCF0959.jpg
今となっては少なくなってしまった寝台特急・・・この「サンライズ瀬戸・出雲」は結構人気らしいです。
DSCF0964.jpg
東京からは上越新幹線の「たにがわ471号」で高崎まで出ます。
DSCF0967.jpg
今回乗ったのは・・・・長野新幹線で使っている車両ですよね?

この新幹線ホーム、東海道新幹線と違って色鮮やかo(*^^*)oワクワク
秋田新幹線の車両って赤色が映えて綺麗ですし・・・なによりこの造形美♪
DSCF0969.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix Z1(Fujinon ZoomLens 6.1-18.3mmF3.5-4.2)

8時半には高崎に到着・・・水上行きの出発まで1時間近く待ちます(;´д` ) トホホ
DSCF0974.jpg
懐かしい115系の湘南色の車両・・・まだ現役w(°o°)w おおっ!!

沼田駅到着は10時過ぎ・・・大清水行きの関越交通バスには30分近くの待ち時間。
椎坂峠にトンネルが出来て所用時間も以前より多少短縮したようですが、大清水到着は12時過ぎ・・・
今回は運良く「低公害車両試験運行」に乗る事が出来ました。
このお陰で大清水〜一ノ瀬間が約1時間短縮できました。

一ノ瀬に着いた頃には雨も本降り・・・梅雨の明けない尾瀬の雨は覚悟していますが、こうも最初から降られると・・・凹みます( iдi ) ハウー
三平峠を越えて3時過ぎには宿泊先の「長蔵小屋」に到着。
冷えた体をお風呂で暖め、この日は終了。


2日目(19日)早朝、雨は一時的に止んでくれたので大江湿原に出てみます(^―^) ニコリ
目当てのニッコウキスゲはやはり鹿の食害が深刻で、尾瀬保護財団の職員さんの努力でこの分岐点近辺のみがなんとか護る事が出来たようです。
DSCF5375.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF-S DX Nikkor ED18-300mm F3.5-5.6G VR

一面の黄色い絨毯・・・を思い出しながら、、、、
DSCF5340.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF-S DX Nikkor ED18-300mm F3.5-5.6G VR

本当かどうか判りませんが、ニッコウキスゲは人が食べても美味しいらしい・・・・鹿にとってはごちそうなのでしょうね(_ _,)/~~白旗~
DSCF5314.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF-S DX Nikkor ED18-300mm F3.5-5.6G VR

鹿退治にいろいろと動きが出てきました。
DSCF0977.jpg
大江湿原への侵入防止柵が張られていました。
DSCF0976.jpg
この手のは、八ヶ岳ではあちらこちらに張られていましたが、何とも悲しい現実です。

さて、この日は白砂峠を越えて尾瀬ケ原へ横断するだけののんびり行程。
天気も・・・・保ちそうな気配なので、カメラ持ちでの移動です。

長蔵小屋前の「ヒメサユリ」
DSCF5430.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

小屋裏の花壇もお花が沢山あります。
「ノビネチドリ」・・・かな?
DSCF5432.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

「ハクサンチドリ」は大好きなお花の一つです。
DSCF5427.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

地味な奴ですが・・・結構気に入ってます「ゴゼンタチバナ」
DSCF5487.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

尾瀬沼北岸はよーく観ながら歩くと「ギンリョウソウ」が沢山観られます。
そんな中で発見したかなり大きな株。
DSCF5506.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

途中の白砂湿原は落ち着いた素敵な場所です。
「ニッコウキスゲ」私にとっては水芭蕉よりもどの花よりも尾瀬を印象づけた大好きな花です。
DSCF5523.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

ここからは白砂峠を一気に登り、段小屋坂を一気に下ります。
段小屋坂を降りたあたりから雨も本降り、ゲリラ豪雨という言葉がピッタリ・・・・
大急ぎで見晴、無料休憩所に到着、昼食となりましたが雨も止む気配無く、本日の行動はこれにて終了。
宿泊先の第二長蔵小屋へ入りました。


最終日(20日)です。
本当は至仏山登山を考えていましたが、(通勤時ので登山靴ではありません)靴擦れが酷く、絆創膏とテーピングで何とか歩けていたので断念。
そのまま鳩待峠を目指して歩き、超特急で岡山へ帰る中国大返しならぬ「関東大返し」(←おおーっ、かっこいいネーミングだ(-^〇^-) ハハハハ)

朝食の後、のーんびりコーヒーなど頂き、7時30分小屋を出発。
ヨッピ川沿いが良いとの情報でしたので、東電小屋経由で山の鼻を目指します。

尾瀬ケ原のニッコウキスゲには少し遅いようでしたが、鹿の食害は原の方が深刻なようです。
小さなお花があちらこちらに観られますが、この日は連休中日、木道を歩く人も多くなかなか落ち着いて写真は撮れません。
そんな中での美しい色合いの「トキソウ」・・・素敵です。
DSCF5550.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

丑首合流からは人も多く、なかなか自分のペースでは歩けません。
山の鼻からは一気に鳩待峠へ登り、12時前には鳩待峠へ到着v(°∇^*)⌒☆ぶいぶいィ~♪

大急ぎで昼食を済ませ、乗合タクシーで戸倉まで降ります。
13時12分の関越交通バスにどうにか乗る事ができましたので、このまま上毛高原を目指します。
沼田を経由し、15時にバスは上毛高原へ到着ここから15時22分発のMaxたにがわ418号、東京駅でのぞみ51号に乗り換え、20時15分に岡山駅に無事到着しました。
乗り換え時間が殆どなかったので、電車写真は全然撮れませんでしたが、「関東大返し」は大成功、光秀を討ち果たし天下を取る事が出来ましたとさ(←これこれ、違うでしょ(^_^メ) ピクピク)
nice!(19)  コメント(4) 

遥かなり尾瀬 [写真 - 山岳 -]

遅くなりましたが、7月26から28日を使って尾瀬を歩いてきました。
と言っても岡山からの移動・・・・いろいろと考え、以前に教えて頂いた「サンライズ瀬戸」を今回使ってみました。

25日の夜22時33分頃に岡山を出発。
平日にもかかわらず意外に混んでいたようで、今回は「B個室寝台1人用(シングル)」となりましたが、以前に乗った「寝台急行銀河」に比べれば
快適な動くビジネスホテルという感じ・・・・
サンライズ瀬戸は朝の7時08分に東京へ到着。

ここからは上越新幹線で高崎へ・・・
越後湯沢でのイベント「フジロックフェスティバル」があるようで、朝から新幹線はなかなかの混みようです。
新幹線で行けば高崎はあっという間。

ここから在来線で沼田、路線バスで大清水に到着したのは12時21分・・・・・これは、、、、、歩くよりも移動時間、、、、長いわぁ。・゚・(*ノД`*)・゚・。

山菜そばを大急ぎで胃に納め、三平峠をめざします。
午後から天気が崩れるのを覚悟していましたが、1回の雷鳴のみで雨具を使うことはありませんでした。
鍛えていない脚ではペースはあまり上がりませんが、岩清水は乾いた喉を潤し、山々の香りが全身を癒してくれ、なんとか「長蔵小屋」へ到着

ちなみに・・・夏山は午後の雷雨リスクがありますから、基本は午前行動が原則だと思って下さい・・・今回の午後行動は悪い例なのであしからず|壁|’Д’lll)ァ゛。。ゴメンナサィ・・。

山小屋では偶然にもpulsarさんと同室となりました。
久しぶりにいろいろな情報とお話を聞けて、楽しい一時でした。

翌日27日の行動は、白砂峠を越えて尾瀬ケ原に渡るのみですから、のんびり行動です。
大江湿原に出てみますが、大好きなニッコウキスゲはもう終わりを迎えています。
DSCF1755.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF-S DX Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G VR

やはり以前に比べてその群落は明らかに少ない・・・
pulsarさんともお話ししましたが、私が初めて訪れた1996年は大江湿原の小淵沢田代分岐よりも奥の沼山峠の取っ付きあたりまで一面の黄色い絨毯で、その壮大な景色は今でも忘れる事が出来ません。
今年は辛うじてこの北岸との分岐周辺の群落が見事な群落となったようですが、これも尾瀬保護財団さんの夜の見廻りで保たれたという事を知ったのは見晴らしに着いてからの事・・・・
鹿の移入とその食害・・・・難しい問題です。
先般行った八ヶ岳では夜間に峠道を走っていても鹿と遭遇する・・・山小屋の廻りは侵入を防ぐための防護ネットが張り巡らされていました。
あそこまでやらねばならぬ・・・・もうそれだけ生態系を崩してしまったのですね、、、人の力とは怖いものです。

尾瀬の景色・・・朝霧の立ちこめる景色は皆さん良く撮られますが、私にとっては仰ぎ見る青空と雲と広大な湿原・・・・尾瀬に初めて入った時にニッコウキスゲの黄色い絨毯の次に満喫したものです。
DSCF1773.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF-S DX Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G VR

尾瀬沼の北岸は針葉樹林に囲まれ展望は良くはありませんが、何気なく眺める足下はなかなか素敵なものばかり。
ゴゼンタチバナは地味な花ですが、密集して咲いてくれると・・・それはちょっとしたお花畑の世界です。
DSCF1786.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF-S DX Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G VR

朽ちた木々からの新しい芽吹き・・・苔は彼らに潤いを与えてくれる、箱庭のような新しい緑の世界。
DSCF1797.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF-S DX Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G VR

沼尻からナデッ漥へ向かう木道・・・この時間、ここを通る登山者は殆どいませんね。
キンコウカがかなり花を咲かせ始め、ニッコウキスゲに変わる黄色い絨毯を作り始めています。
DSCF1837.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + SIGMA AF10-20mmF4-5.6EX DC HSM

この花が咲き始める・・・・ニッコウキスゲの花の終わりを意味します。
マルバダケブキは蜜を求める虫達の集り方が半端無いのでなかなか撮り難いのですが、寄って見ると美しい花なのです。
DSCF1868.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

さて、お昼には尾瀬ケ原の見晴に到着です。
いつもの通り、弥四郎小屋さんの生ビールで喉を潤します。
ビールとは喉で味わうもの也・・・・山で飲む黄金の液体は何物にも代え難いゴクゴク ⊂(^ω^ )

無料休憩所で原の小屋オリジナルのカレーライスで昼食をとっていると、ゲリラ豪雨襲来・・・・宿泊先の第二長蔵小屋へ駆け込み今日の行動はここで終了。

尾瀬ケ原の見晴周辺はニッコウキスゲの花さえも見る事はありませんでした。
当たり年の時はここも見事な黄色い絨毯を見せてくれた事がありますが・・・・・
小屋の方のお話ではこの地区のというか、尾瀬ケ原全体を指してお話しされていましたが、鹿の食害でほぼ全滅という事でした。
尾瀬沼の方では夜中の見回りでなんとかなったが、かなり事態は深刻化しているとのことでした。

最終日28日、出来るだけ早い下山で早めに岡山へ帰らなければなりません。
前述の通り尾瀬ケ原のニッコウキスゲは期待できませんから、できるだけ銀座通り(丑首〜竜宮の一番人通りの多い木道の意味ですが・・・)を避けて東電小屋〜ヨッピ川沿いのコースで山の鼻をめざします。

朝露に濡れたコバギボウシ・・・ニッコウキスゲの次のお花はこれですね。
DSCF1882.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

そしてあちらこちらで咲き始め、次の黄色い絨毯を見せ始めているキンコウカです。
植物図鑑の写真を撮るつもりはありませんから、ピン浅めで露出を+側に意図的に補正してみました。
花の形も不思議ですが、その色合い・・・こうやって寄って見るとより不思議。
DSCF1905.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

今年はこの花、カキランを沢山見つけました。
背丈の低いこの花・・・撮るのもシンドイ・・・思ったような構図にはなりませんが、唇弁の美しい色合いだけは魅力的。
DSCF1926.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

オゼヌマアザミの蜜を吸うウラギンヒョウモン(昆虫の事はよくわかりませんが・・・)という蝶だそうです。
DSCF1941.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

山の鼻に着く頃には、至仏山に少し雲がかかり始め、黒い雲も少し見られたので、大急ぎで鳩待峠へ向かいます。
12時15分峠に到着・・・無事にと言いたい所ですが、到着5分前から雨が降り出し、レインウェアは使わなかったものの、ザックカバーとカメラカバーとあわてて雨支度。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン

これならば13時07分の上毛高原行きの路線バスに間に合う・・・・と、大慌てで乗合タクシーで連絡所到着と慌ただしい下山。
上毛高原駅からは上越新幹線と東海道新幹線の指定を前倒しして、当初予定よりも1時間早い20時20分に岡山到着。


今迄の車を使った移動に比べれば肉体的には楽でしたが、時間の自由度が無い慌ただしい帰路(´ー`A;) アセアセ
考えてみれば、歩いていた時間よりも移動時間の方が長い・・・・まぁ、ちょっとした鉄道旅という感じでした。

次も尾瀬へ行く方法としては・・・・やはりこれしかないのか?
遥かなり尾瀬。
nice!(11)  コメント(4) 
前の3件 | - 写真 - 山岳 - ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。