So-net無料ブログ作成
検索選択
買い物 ブログトップ
前の3件 | -

放送音源ばかりだなぁ・・・ [買い物]

直りかけの風邪が再びぶり返して2日間も会社をお休み・・・今年の風邪菌は強烈です。
後楽園のロウバイが見頃だという情報もありましたが、そんな状況ですから休みなのに家に引き蘢っているしかありません(∩_∩;)P 白旗~!
本当に冬眠状態ですから写真ネタありませんので、昨年末に届いたものと今年の初荷のCDをご紹介して行きます。

DSCF0854.jpg
[NEW]NEW YEAR’S CONCERT 2014
[演奏]ダニエル・バレンボイム指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
このCD購入から今年もスタートです。
毎年1月1日にムジークフェラインザールで行われるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサート。
今年の指揮者はダニエル・バレンボイムで、2009年以来5年ぶりとなる2回目の指揮台です。例年通りこの模様は全世界に中継されましたので、日本でもNHKで放送されたものをご覧になった方々もおられるかと思います。
何でも2014年はリヒャルト・シュトラウスの生誕150年にあたるそうで、これを考慮してか今回のプログラムの中に歌劇『カプリッチョ』の間奏曲『月光の音楽』が混ぜられていました。
シュトラウス・ファミリーのワルツと共にウィーンからの新年のご挨拶・・・そしていつものアンコール、ワルツ『美しく青きドナウ』、ラデツキー行進曲で終演。
私の大好きなワルツ『ウィーンの森の物語』、今年はプログラムに入っていたのが嬉しいですね♪
[CD]SONY CLASSICAL 88883792272[輸入盤]


DSCF0855.jpg
[NEW]ブラームス:交響曲第4番、ルーセル:交響曲第3番
[演奏]セルジュ・チェリビダッケ指揮フランス国立放送管弦楽団
[NEW]ベートヴェン:交響曲第7番、シューベルト:『未完成』ほか
[演奏]セルジュ・チェリビダッケ指揮フランス国立放送管弦楽団
[NEW]ベートーヴェン:ピアノ協奏曲『皇帝』ほか
[演奏]セルジュ・チェリビダッケ指揮フランス国立放送管弦楽団、(P)アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ
私の大好きな指揮者セルジュ・チェリビダッケがフランス国立放送管弦楽団を指揮した1974年のシャンゼリゼ劇場でのコンサート音源で、INA(フランス国立アーカイヴ)の正規保存のマスターですから音質も文句ありません。
ミュンヘン・フィル盤に比べると多少テンポ早めですが、それでもチェリビダッケらしさは健在。
特筆すべきはミケランジェリのピアノ協奏曲第5番『皇帝』、彼の絶頂期となるこの演奏で今更改めてこの皇帝を聴く事になりましたが、こんなにも壮麗だったかと気付かされました。
全て聴き終わってからこれら3点のSACDシングルレイヤー盤発売の発表・・・気持ちは複雑ですが、、、、欲しいです
[CD]ALTUS ALT282[輸入盤]
[CD]ALTUS ALT283/4[輸入盤]
[CD]ALTUS ALT285[輸入盤]

[NEW]ベートーヴェン:交響曲第2、3、4番
[演奏]セルジュ・チェリビダッケ指揮スウェーデン放送交響楽団
[NEW]ベートーヴェン:交響曲第5、6、7番
[演奏]セルジュ・チェリビダッケ指揮スウェーデン放送交響楽団
これもチェリビダッケもので、1960年代から1970年代にかけてスウェーデン放送交響楽団を指揮したライヴ録音。
ベートーヴェンの交響曲の第1番と9番を除く(第3弾があるのか?)交響曲集で、2番のみ1965年とモノラルですが全体的に音質は良好です。
チェリ壮年期のこれらの演奏はミュンヘン・フィル時代と比べれば違和感を感じる程のテンポで、むしろ早いとさえ感じますが非常にパワフル。
[CD]WEITBLICK SSS0151/0152-2[輸入盤]
[CD]WEITBLICK SSS0153/0154-2[輸入盤]

[NEW]ベーム&フランス国立放送管1973年パリ・ライヴ
[演奏]カール・ベーム指揮フランス国立放送管弦楽団
カール・ベームのライヴ音源が出てきました。コンサート音源を主体とするSpectrum Soundの新しいシリーズBelle âmeの第1弾となる、フランス国立放送管弦楽団との1973年5月25日のパリ(サル・プレイエル)でのライヴ音源。
プログラムはモーツァルト:交響曲第29番、R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」、ブラームス:交響曲第2番で、演奏はベームらしいというかフランスらしいというか・・・こういうのをシナジー効果というのかな?
[CD]Belle âme CDSMBA001[輸入盤]


DSCF0856.jpg
[NEW]チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、リスト:ピアノ協奏曲第1番ほか
[演奏]岩城宏之指揮NHK交響楽団、(P)ジョルジュ・シフラ
[NEW]メンデルスゾーン:交響曲第4番、ドヴォルザーク:交響曲第8番ほか
[演奏]アンドレ・プレヴィン指揮NHK交響楽団
[NEW]ブルックナー:交響曲第4番『ロマンティック』、モーツァルト:『ジュピター』ほか
[演奏]ヨゼフ・カイルベルト指揮NHK交響楽団
NHKの放送音源を元にしたN響ライヴ・シリーズで、初来日となったジョルジュ・シフラの1964年5月9日日比谷公会堂でのピアノ演奏、ドヴォルザーク8番で美しく優しい音を引出したアンドレ・プレヴィンの1995年のNHKホール定演、亡くなる年1968年のヨゼフ・カイルベルト来日時ライヴ音源が今回発売とN響ファンにはありがたいアイテムです。
[CD]KINGINTERNATIONAL KKC2043[国内盤]
[CD]KINGINTERNATIONAL KKC2079/80[国内盤]
[CD]KINGINTERNATIONAL KKC2081/2[国内盤]

[NEW]リヒテル 幻の東京リサイタル1984年蕉雨園ライヴ
[演奏]スヴィヤトスラフ・リヒテル
こんなライヴ音源があったことにまず驚き!
蕉雨園?! 調べてみれば明治30年(1897年)建造の宮内大臣田中光顕伯の邸宅だった純日本家屋とのことで、そこにリヒテルの希望でピアノを運び込み招待客のみの小さなリサイタルを行ったそうで、これをNHKが収録してテレビ放送したとのこと。この貴重な音源を今回CD化したのだそうです。
リヒテルのテクニックについてはもう言う事はありません・・・・このリサイタルに招待された客人が羨ましいと感じる贅沢な演奏です。
[CD]KINGINTERNATIONAL KKC2083[国内盤]

[NEW]ベートーヴェン交響曲第7番&『春の祭典』
[演奏]ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
カラヤンとベルリン・フィルというコンビの絶頂期である1978年のコンサート音源で、しかも・・・ジャケット写真を見て・・・ "く(""0"")>なんてこった!!"
昔、ワゴンセールで除けた事のある記憶大のCDです←←←カラヤン盤の知らないレーベルに怪しいと思ったのか( ̄_ ̄|||)どよ~ん
いまやそのPALEXA盤は廃盤だそうですが、今回購入したこのCDはPALEXAレーベルの許諾を得て日本でプレスされたものだそうです。
ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」は1978年8月31日のルツェルン音楽祭の音源、本拠地ベルリンでのベートーヴェンの交響曲第7番と、カラヤンの凄さ絶大的なパワフル感に感動です♪
[CD]PALEX CD0531[輸入盤]

[NEW]Billie Joe + Norah Jones「Foreverly」
最後にやっとクラシック以外のCD・・・歌姫ノラ・ジョーンズのアルバムです。
今回はがビリー・ジョー・アームストロングという方とのデュエットアルバムです。
ノラの歌声はスモーキー&ハートウォーミングで大好きで、今回も新しいアルバムということだったので飛びつきましたが、ビリー・ジョー・アームストロングについては全くの無知でして、グリーン・デイというパンクロックバンドのヴォーカリストだと知って・・・かなり衝撃I(o_O)i オドロキ!
パンクロックバンドという言葉からは想像もつかない程にとってもアメリカン・トラディッショナルなカントリー&ブルース的な良い雰囲気でお薦め♪
[CD]REPRISE 9362493997[輸入盤]

購入したクラシックCD全てが放送音源による過去のライヴ音源というのが良くもあり悪くもあり・・・
過去の演奏家に拘り続けている傾向でもあり、若い演奏家達の演奏に触れていないという意味では自分の耳や意識がクラシカルなのでしょうね
ネット購入というのもある意味ではこれらの若い演奏家達の情報や魅力的だろう製品を手に取る機会を逸しているのかもしれません\(_"_ ) 反省シマス
nice!(28)  コメント(10) 

枚数が多いので大変だ(T.T )( T.T) オロオロ [買い物]

今日は仕事納め・・・今年も後数日です(@^∇^@) わぁーい
あっという間に過ぎゆく2013年・・・皆様はどんな年でしたか?

さて、このブログもしばらく写真ネタが続いて、夏以来すっかり忘れていた購入CDのご紹介。
久々のCDご紹介、8月以来ですから合計16枚・・・・今年の締めのようです(*^m^*) ムフッ

201312-1.jpg

[NEW]ERNEST ANSERMET FRENCH MUSIC
20世紀を代表する指揮者エルネスト・アンセルメがDECCAに残した音源の集大成的な企画盤32枚組のCDボックスです。
今回はフランス音楽をまとめた企画でイタリア・ユニバーサルから発売された輸入盤。
アンセルメと言えばスイス・ロマンド管弦楽団をスイスを代表する名門オーケストラに育て上げた方で、バレエ音楽などの名盤を数多く世に送り出した名指揮者です。
今回のフランス音楽集、興味深いのは1967年9月のベルリオーズ/幻想交響曲のヴィクトリア・ホールでのリハーサルが収録されていること。
最近の技術は凄いですねw(°o°)w おおっ!!
1950〜60年代と録音は古いのですが良い音で聴けます♪
次はロシア・・・かな、、、枚数が多いので大変だ(T.T )( T.T) オロオロ
[CD]DECCA 4807896[輸入盤]

[NEW]チャイコフスキー交響曲第4番、第5番、第6番『悲愴』
シャルル・デュトワとNHK交響楽団のコンビによるチャイコフスキー交響曲であります。
デュトワさんでロシア音楽という印象は非常に薄い・・・のですが、モントリオール交響楽団との演奏を以前聴いた事があったような気もします(’-’*) フフ
ロシア的壮大さというよりも柔らかく美しい・・・バレエ音楽のような心地良さ♪
音源は2001年から2008年のサントリーホールでのライヴ録音です。
N響さんの音源はまだまだ沢山あるようですから、キングインターナショナルさんどんどん世に出して下さいね(*人*) オネガイ
[CD]KING INTERNATIONAL KKC2077/8[国内盤]

[NEW]チョン・キョンファ 1998年東京ライヴ第1夜&第2夜
以前にCDで購入したヴァイオリニスト チョン・キョンファの伝説的ライヴが非圧縮シングルレイヤーSACDとして発売されましたw(°o°)w おおっ!!
第1夜(1998年4月26日)はシューベルト、シューマン、第2夜(1998年4月28日)はバッハ、ストラヴィンスキー、バルトーク、ラヴェルと緊迫感が伝わる衝撃のライヴをシングルレイヤーSACDの高音質で聴くことができるというのは・・・文句ありませんv(≧∇≦)v イェェ~イ♪
[CD](第1夜)KING INTERNATIONAL KKC4009SA[国内盤]
[CD](第2夜)KING INTERNATIONAL KKC4011SA[国内盤]


続くSACD・・・
201312-2.jpg

[NEW]チャイコフスキー『眠りの森の美女』全曲
[NEW]チャイコフスキー『白鳥の湖』全曲
指揮者ネーメ・ヤルヴィとベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団によるチャイコフスキー3大バレエ全曲録音プロジェクトの第1弾『眠りの森の美女』と第2弾『白鳥の湖』で共にHybrid SACDであります。
ネーメ・ヤルヴィさんはレニングラード音楽院でエフゲニー・ムラヴィンスキーに師事した方だそうで、初めて聴きましたが巧みなオーケストラ・コントロールでとても満足の行く演奏でした\(>▽<)/ワーイ
第3弾はいつだろう・・・・期待大♪
[CD]CHANDOS CHSA5113[輸入盤]
[CD]CHANDOS CHSA5124[輸入盤]

[NEW]佐村河内守/鎮魂のソナタ
先般購入した交響曲第1番『HIROSHIMA』の流れで手にした佐村河内守さんの鎮魂のソナタです。
2011年の東日本大震災で被災したすべての人々へ捧げる「レクイエム」から転生した大ソナタだそうで、現代音楽が不得手な私にとっては佐村河内守の作品は・・・あまり抵抗感はありません。
ピアニスト ソン・ヨルムさんの演奏は初めて聴きましたが、2011年の第14回チャイコフスキー国際コンクールで第2位入賞という方だとは聴くまで知りませんでしたw(°o°)w おおっ!!
[CD]DENON COCQ-85038/9[国内盤]

[NEW]JUJU/GIFT
あのJUJUが日本フィルハーモニー交響楽団とのオーケストラライブだそうで、歌唱力には定評ありのJUJUがオーケストラを従えてヒット曲を歌い上げるという良い企画です。
これ、映像で欲しいですね・・・・2013年10月10日Bunkamuraオーチャードホールでの収録。
10月10日でJUJUの日だそうで・・・・よく考えますね、そんなこと(^▽^笑)
[CD]SONY MUSIC ASSOCIATED RECORDS AICL-2619[国内盤]

[NEW]JUJU/DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 2nd Dish~
JUJUのJAZZアルバム第2弾です。
第1弾がオリコントップ5にランクインと好評だったからですかね・・・嬉しい第2弾の発売に気付かず、今更の購入です。
SNOOPY (PEANUTS)とのコラボレーションも前作同様に洒落ています♪
[CD]SONY MUSIC ASSOCIATED RECORDS AICL-2545[国内盤]

[NEW]今井美樹/Dialogue-Miki Imai Sings Yuming Classics-
大好きな今井美樹さんが松任谷由実をカバーって、ビックリする程に嵌ってますw(°o°)w おおっ!!
「中央フリーウェイ」なんてユーミン?て一瞬思う程、アレンジも良い・・・・今井美樹さんが松任谷由実さんが大好きというのは初めて知りました。
[CD]EMI RECORDS TYCT60001[国内盤]


更に続く・・・・
201312-3.jpg

[NEW]坂本美雨/Miusic ~the Best Of 1996-2012~
ご存知の通り坂本龍一教授の娘さん坂本美雨のベスト盤であります。
彼女のラジオ番組を何回か聴いていまして、ちょっと不思議な世界観を感じさせる歌声に魅力を感じながらも、なかなか店頭で手に取るまでには至らなかった訳です。
映画「鉄道員」・・・こういう映画に弱い私は、大竹しのぶ、広末涼子の演技に涙ぼろぼろで、そんな状態のところに何とも言えぬ溶け込むような歌声。
夢中でテロップを追いかけ・・・
「坂本美雨かぁ・・・・・・・・・」(* ・・*) ダイスキ
この主題歌目当てで買ったベスト盤ですが、お得な買い物です♪
[CD]YAMAHA MUSIC YCCW-10200/1[国内盤]

[NEW]尾崎豊/ALL TIME BEST
「15の夜」でしょ! 「僕が僕であるために」だもの! 「OH MY LITTLE GIRL」だから!
レア映像収録のDVD付き初回生産限定盤、尾崎豊のベスト盤だから迷い無し♪
[CD]SONY MUSIC RECORDS SRCL-8446/7[国内盤]

[NEW]姫神/神の祭、風のうた
岩手県を活動拠点とする姫神のベスト盤です。
姫神の音楽はテレビ内でちょくちょく流れていたのですが、なかなか手が出ないジャンルでもあります。
喜多郎さんやクスコなどのようにシンセサイザー・ミュージックというか、ヒーリング・ミュージックと呼ぶべきか、ちょっと昔はイージー・リスニングというジャンル。
より姫神を知るにはもってこいのベスト盤です♪
[CD]PONY CANYON PCCA-1668[国内盤]

[NEW]OST「砂の器」
[NEW]OST「スウィングガールズ」
突然発売された「永遠のサントラ999 Best&More」という定価999円というお買い得シリーズ。
「砂の器」は2004年にTBS系列で放送されたドラマで、音楽を担当したのが千住明さんというのが注目です。
ドラマの中で主人公が作曲、自ら初演というピアノ協奏曲「宿命」がとにかく見事です。
「スウィングガールズ」は2004年公開の映画で音楽を担当したのがミッキー吉野さんで、この年のゴールドディスク大賞サウンドトラックアルバム・オブ・イヤーを受賞した盤です。
この映画を観てJAZZが好きになった人たちも沢山いる事と思いますが、そんな皆さんには懐かしい、お買い得な盤ですよ♪
[CD]UNIVERSAL-J UPCH1338[国内盤]
[CD]UNIVERSAL-J UPCH1360[国内盤]

[NEW]交響詩「さよなら銀河鉄道999」
懐かしいです(TOT) ダー
松本零士原作の銀河鉄道999の2作目「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」の楽曲を交響詩風にまとめた盤であります。
アニメだとかサントラでしょ!という先入観を捨てて聴いてみると、この当時としてはしっかりした作品で、今聴いても違和感ありません。
当時のLP盤を復刻しただけでなく、ハイクオリティーCDとして蘇ったこの盤はお買い得。
とにかく懐かしい(TOT) ダー
[CD]COLUMBIA MUSIC ENTERTAINMENT COCX36077/8[国内盤]


これで今年の分はおしまい・・・・と思ったら、遅れていたネット購入ものが今日届きました(T△T) そんなぁ…
試聴は来年だなぁ・・・・クリックは魔物(∩_∩;)P 白旗~!

みなさま良いお年を♪
nice!(27)  コメント(4) 

坂東玉三郎さんの「ピーターと狼」 [買い物]

島根県では記録的な豪雨という報道・・・岡山もやはり雨ですがそこまで酷くはありません(;´-`).。oO(ぇ・・・・)

あれだけ猛暑が続いただけに突然気温が下がると・・・・体がついて行きませんね( ;∀;) ウヒャ…

当然どこへ行くともなく、家でのんびり・・・・久しぶりに購入CDのご紹介でもしましょう♪
DSCFS753.jpg

1.プロコフィエフ:ピーターと狼、古典交響曲
待ちに待ったこの盤・・・録音は1986〜88年と新しくもなく、クラウディオ・アバドの指揮によるヨーロッパ室内管弦楽団の演奏です。
が、何が凄いのかというと、ナレーションがあの「坂東玉三郎」さんなのですよ♪
「ピータと狼」はプロコフィエフ自らが書いた台本付き子供のための音楽物語なので、この台本を読むナレーターが誰なのかは一つの楽しみなのです。
このアバド盤はユニークで、発売する国ごとにナレーターを起用してナレーションを録音しています。
本国ドイツ語版は女優バーバラ・スコバ、英語版はウッディ・アレン、スペイン語版はホセ・カレーラス・・・そして日本語版が歌舞伎役者の坂東玉三郎。
この日本語版は1990年頃に限定発売され、あーーーっと言う間に売り切れ・・・当然私は買う事が出来ませんでした。o゚(p´⌒`q)゚o。 ビエェーン!!
そんな盤が「Abbado名盤1600」という廉価版シリーズで発売された訳で・・・(pq*´∀゚)ウレスィ~♪
やはり一流役者の日本語のナレーションというのは嬉しいです。
[CD]Deutsche Grammophon UCCG4803(国内盤)

2.スメタナ:連作交響詩「わが祖国」全曲
もう何枚買ったでしょうか・・・・ヴァーツラフ・ノイマン指揮によるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団という組み合わせによる演奏です。
でもこの音源は東京文化会館での公演で応募11万通超という驚きの公開録音であるだけでなく、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団初の日本初演という伝説のライヴ録音な訳です。
この盤は非圧縮シングルレイヤーSACDで、1974年の録音と新しく放送局保存の音源と申し分無く、ライヴのパワフルさと観衆の割れんばかりの拍手が凄く印象的に感じられました。
※SACD対応のプレーヤー以外の普通のCDプレーヤーでは聴けませんのでご注意ださい。
[CD]Tokyo FM TFMCSA0039(国内盤)

3.シェーンブルン夏の夜のコンサート2013
ニューイヤー・コンサートと並ぶウィーン・フィルの名物行事、シェーンブルン宮殿を舞台に行われるオープンエアの演奏会「ウィーン・フィル・サマー・ナイト・コンサート」の2013年ライヴ録音であります。
2013年はロリン・マゼールの指揮でワーグナーやヴェルディ・・・ジャケット写真からもこういう素敵なコンサートは映像でも見たいですよね♪
おぉ-(o゚Д゚ノ)ノ DVDも出ているみたいです・・・買いですよ、買い!!!!
[CD]SONY CLASSICAL 88883712052(輸入盤)

4.シューマン:チェロ協奏曲&ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
私の大好きなチェリストであるジャクリーヌ・デュ・プレがソリストとしてベルリン・デビューした1963年のコンサートのライヴ録音というヒストリカル・レコーディングCDです。
しかもピアニストのブルーノ=レオナルド・ゲルバーもこのコンサートだそうで、歴史的にも貴重な録音です。
モノラル録音でありますが、最近の技術は凄いですね・・・・納得のできるヒストリカルCDですよ♪
[CD]audite 95.622(輸入盤)


続いて・・・
DSCFS754.jpg

5.風の谷のナウシカ・シンフォニー 風の伝説
この夏は「風立ちぬ」でジブリ一色の映画界・・・なぜか「風の谷のナウシカ」が懐かしくなりこのCDを思わずクリック。
この映画の冒頭で流れる「風の伝説」はやはり久石譲さんの作品の中でもピカイチです。
単なるサントラ盤ではなく、大編成のオーケストラで奏でた演奏に思わず拍手です。
STUDIO GHIBLI RECORDS TKCA72718(国内盤)

6.Galileo+(Produced by Masaharu Fukuyama)
福山雅治主演のテレビドラマ「ガリレオ」の音楽集大成なお買い得CDです。
KOH+(柴咲コウ)の「恋の魔力」はもちろん、この曲の韓国語、中国語バージョンと多彩。
テーマである「知覚と快楽の螺旋」はテンション上がりますね!!!!
[CD]UNIVERSAL UUCH9049(国内盤)

7.CHRIS HART/Heart Song
デレビ番組「のどじまん ザ!ワールド」で優勝した時の歌声が記憶に新しいクリス・ハートのデビューCDです。
黒人歌手でイメージするハスキーさは無縁で、通る美しい歌声で期待に漏れず見事にJ-POPを歌い上げています。
この1枚で終わらない事を願うばかりです。
[CD]UNIVERSAL SIGMA UMCK1448(国内盤)

8.いきものがかり/"I"
いきものがかりの通算6枚目のアルバムです。
いつもながらタイアップ曲ばかりのベスト盤でしょ?と言いたくなる内容です。
日産セレナのCMでおなじみ「マイサンシャインストーリー」、NHKロンドン五輪テーマソング「風が吹いている」とありがたい内容。
[CD]EPIC ESCL4089/90(国内盤)


今回は穏やか計8枚でしたぁ〜♪
一時期のラッシュは落ち着いたようで、のんびり試聴で夏満喫でした。
今回はやはり玉三郎さんの美声ナレーションに大満足という感じです。
nice!(16)  コメント(4) 
前の3件 | - 買い物 ブログトップ