So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon AF Zoom Nikkor ED80-200mmF2.8D[レンズ4] [カメラ&レンズ]

10月の連休ですが・・・秋らしくない日中の暑さ((o(∵~エ~∵)o)) ア゙ジィィ・・・
例年山では紅葉シーズンですが・・・こういう陽気ですから遅れているような便りもちらほら・・・

本当は真庭市にあるコスモス広場というのに行ってみようと考えていましたが、ここも咲き始めという情報だったので、
来週は地元川越のお祭りがあるし、遠出連チャンは財布に厳しいので岡山でおとなしくしております(-o-)y-゜゜゜゜゜

さて、レンズのご紹介ももう4回目。
今回は「Nikon AF Zoom Nikkor ED80-200mmF2.8D」であります。
DSCF0769.jpg

それまで使っていたNikon AF Zoom Nikkor 70-210mmF4-5.6も良かったのですが、やはりF値の明るいレンズが欲しかったのと、先般ご紹介したTokina AT-X340AF 100-300mmF4(IF)で足りない80-100mmを補う為に1998年8月に買った中古レンズです。

このレンズの最大の売りはフォーカスを兼ねた直進式のズームリング・・・・これがとても使い易いのです。
それとオートorマニュアルのフォーカス切替が付いているので、マニュアルフォーカス時のフォーカスリングの適度な重さが非常に嬉しい(V^-°)イエイ!

このレンズについては当時のカメラ雑誌が、三脚座が着いていないということを欠点のように書き連ねていました。
この次のモデル(マイナーチェンジ版と言える)ではこれを反省したかのように三脚座が付きましたが、この直進式のズームリングが無くなって、回転式(当然、フォーカスと別々)にしてしまいました(・_・、) グスン

使い易さからか、このレンズではマニュアルフォーカスで使用する頻度が多いのです。
NIK00862.jpg
[カメラ]Nikon F90Xs + Nikon AF Zoom Nikkor ED80-200mmF2.8D
Kodak EKTACHROME DYNA High Color 100(EBX)をNikon COOLSCAN IIにてスキャン
京都 厭離庵(撮影:2002年11月)

Tokina AT-X340AF 100-300mmF4(IF)の代役としてお祭りでも活躍しました。
NIK01010.jpg
[カメラ]Nikon F90Xs + Nikon AF Zoom Nikkor ED80-200mmF2.8D + Kenko TELEPLUS PRO300 2X
Kodak EKTACHROME DYNA High Color 100(EBX)をNikon COOLSCAN IIにてスキャン
埼玉 川越祭り(撮影:2003年10月/志多町 府川囃子連の居囃子)

デジタルカメラになってからは、お祭りでは100-300mmはAPS-C換算150-450mmと扱い辛くなり、このNikon AF Zoom Nikkor ED80-200mmF2.8Dの稼働率が更に上がりましたε- (ー ^ ) フッ

D03F0040.jpg
[カメラ]Nikon D200 + Nikon AF Zoom Nikkor ED80-200mmF2.8D
埼玉 川越祭り(撮影:2006年10月/市役所前 幸町「翁の山車」と元町一丁目「牛若丸の山車」の曳っかわせ)

川越だけでなく遠州横須賀三熊野神社大祭でも重宝しました。
1270301271.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Zoom Nikkor ED80-200mmF2.8D
静岡県掛川市 遠州横須賀三熊野神社大祭(撮影:2010年4月)

こういう絵の方が明るいレンズには向いているのだろうかなぁ・・・
1270378034.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Zoom Nikkor ED80-200mmF2.8D
静岡県浜松市 姫様道中(撮影:2010年4月)


今では直進式のズームレンズはカタログにも全然載っていません(゜ーÅ) ホロリ
オートフォーカスの精度と速度の向上が大きいのでしょう・・・・マニュアルでピントを合わせることはおまけの機能のように思えるレンズが殆どですね。

未だに現役の良いレンズです・・・山に持って行くには少し重いけどねぇヽ(ー_ー )ノ マイッタ
nice!(26)  コメント(4) 

川越まつり(川越氷川祭の山車行事) [写真 - 関東 -]

小江戸っ子にとってはウキウキワクワクな10月ですv(≧∇≦)v イェェ~イ♪

そう! 忘れてはいけない「川越まつり」があるのです♪(/°°)/ ̄ハィ♪

19、20日の両日開催されるので、私は金曜日に休暇を頂き地元川越へ帰省しました。

突然の台風発生の余波で天気予報も悪くなるばかりで、両日ともに直前の天気予報は曇りのち雨(;´д` ) トホホ

今回も往復ともに空路で快適(往路はボーイング767-300、復路はボーイング777-200でした♪)
それにしても・・・・岡山からは遠いですわぁ(T_T)

今年のお祭りは15台(このうち埼玉県指定文化財4台、川越市指定文化財1台)の山車が参加しました。

初日19日・・・なんとか日中は曇りのまま持ちそうな気配(夜はどうも雨らしい・・・)
今年も幸町さんの山車に付かせて頂きました。
幸町さんは旧南町「翁の山車」と旧鍛冶町「小狐丸(小鍛冶)の山車」の2台を保有する蔵造りの町並みのメイン通りである一番街がある町会さんです。
今年はこのうち「翁の山車」が町中を曳き廻しされました。
初日午前は町内曳き・・・山車の正面では鳶頭と職方による木遣り、そして堤崎流のお囃子とともに山車はゆっくりと曳き始められます。
DSCF2506.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + SIGMA AF10-20mmF4-5.6EX DC HSM

川越の山車の特徴とも言える回り舞台・・・狭い町中ですれ違う山車同士がお囃子の儀礼打ち「曳っかわせ」をする為に、山車の正面を効率よく向かい合わせる為に考えだされた仕掛けです。
曳っかわせの為だけではなく、会所や町中のあちらこちらでこの舞台を回し、お囃子を披露します。
DSCF2532.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + SIGMA AF10-20mmF4-5.6EX DC HSM

夜の曳き廻しも好きですが、私は一番この町内曳き廻しが一番大好きですし、幸町さんの山車は宰領さん他みなさんの統率がしっかりとれていて、品のある曳き廻しで毎年感心してしまいます。
DSCF2564.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF-S DX Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G VR

山車まわりを任されている職方のみなさんは見ていても粋で素敵です。
DSCF6076.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

午後からは神幸祭の行列が町中を練り歩きます。
川越祭りは氷川神社の例大祭を根源としているのですが、この例大祭の直後に行われる神幸祭の行列に氏子の町衆が随行する山車行列を再現するという訳で、そんな神幸祭の行列には氷川神社の宮司さんが馬に乗り各町を巡って行きます。
DSCF6119.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

神幸祭に随行した山車は市区所前に集まってきます(山車に付いていたので間近すぎて山車揃えの写真は撮れませんでした・・・)
各町会様々な流派のお囃子を競い合い、お囃子に合わせて天狐などが踊ります。
DSCF6162.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

お祭りの雰囲気も最高ですが、山車そのものにも沢山注目するところがあります。
山車回りの彫り物もそうですし、翁の人形は仲秀英によるもので明治3年の作だそうです。
とにかくお金の掛かった山車(億単位らしいですわ )・・・修復も飛騨高山の職人さんにお願いしなければならなかったとも聞きました。
この四方幕もなんとも美しいですよね♪
DSCF2569.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

この日の夕方から雨が降り始めました・・・私はこの時点で現場から撤収してしまいましたが、宵山の頃は少し小降りだったようです。
夜の曳き廻しはどうだったのでしょうね(゜ーÅ) ホロリ

翌日は朝から雨です。
もともと午前中で切り上げて最終便で帰る予定でしたので、雨での曳き廻しまで出撃する程の気合いも無く、お祭りには行かず仕舞でした。

今年のお祭りは天気に恵まれませんでした(・_・、) グスン
雰囲気を十分に堪能できなかったですが、現地でこのようなDVDが販売されていましたので購入してきました。
DSCF0791.jpg

小江戸観光協会が発売した「小江戸川越・蔵造りの町を山車が行く 川越まつり」というDVDで、市制施行90周年の昨年2012年のお祭りの様子を収録したものだそうです。
この年は29台全ての山車が参加した絢爛豪華なお祭りで、この映像は貴重なものとなるはずです。

来年は少し違った視点から撮ってみるのも良いな・・・・そう思った今年のお祭りでした。
nice!(30)  コメント(6) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。