So-net無料ブログ作成

花の季節がやってきました♪ [写真 - 中四国 -]

花の便りが聞こえてきましたので、梅の花でも観に行こう・・・・
でも、、まだどんな所があるかも吟味できていないので、外しても応用の利く処・・・そう! 植物園だね(・ε・)ノ おっー!

ということで、「岡山市半田山植物園」へ行って参りました。

植物園の中の梅園・・・比較的本数はあるようですが、観光梅園のような圧倒感はありません。
DSCF5870.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

近寄ると梅らしい香りが漂ってきますv(°∇^*)⌒☆ぶいぶいィ~♪

枝垂れもよいねぇ・・・青空をバックに赤い梅が映えます。
DSCF5855.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + SIGMA AF10-20mmF4-5.6EX DC HSM

この時期はクリスマスローズも見頃です(*´▽`*)
DSCF5888.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

この時期にアヤメが咲いてますよぉw(°o°)w おおっ!!
「寒咲アヤメ」というそうです_φ( ̄ー ̄ )メモメモ
DSCF5845.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

植物園といえば「温室」ですが・・・・・うーむ、小さいなぁ(;´д` ) トホホ
洋蘭・・・デンドロビウムは定番です
DSCF5906.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

サボテンの温室・・・意外にこちらの方が楽しめました(V^-°)イエイ!
品種は良くわかりませんが、ピンクの小さな花が可愛らしい・・・
DSCF5916.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

花ではないけれど、マクロレンズでサボテンのトゲによってみると不思議な世界・・・というかきれいですね(#^.^#) エヘッ
DSCF5913.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

花撮りとしてはちょっと物足りなさもありましたが、今年の撮り初めでした♪
nice!(25)  コメント(8) 

ぽかぽか岡山後楽園♪ [写真 - 中四国 -]

今日の岡山市は朝から良い天気、ぽかぽか陽気に誘われて「岡山後楽園」へ梅の花を観に出かけてきました(^-^ ) ニコッ

岡山後楽園は約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政が作らせた4万坪の庭園で、お目当ての梅園はほんの一角で、梅の木は約100本程度。

梅の見頃も今週ぐらい迄でしょう・・・人も多いので望遠レンズ主体で攻めてみました(^_^) ニコッ
DSCF5998.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

近づくと梅の香りが何とも言えぬ心地良さ(@^∇^@) わぁーい
DSCF5953.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + TAMRON SP70-300mm F4-5.6Di VC USD

椿や水仙と少しずつ春の足音が聞こえて聞こえ始めてきましたね( ̄ー ̄)v ブイ!
DSCF5971.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

DSCF5942.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

さて・・・知っているところはこの程度だなぁ・・・次は何処にしようかな( ̄~ ̄;)ウーン・・・
nice!(36)  コメント(4) 

耳について離れない・・・やさしい唄声♪ [買い物]

スーパー等で何気なく耳にするメロディーが耳について離れない・・・・なーんて言う事、ありません?

私・・・野菜売り場で耳にする↓↓この曲、、、、忘れられない( ̄~ ̄;) ウーン
http://www.pref.okayama.jp/page/detail-27154.html
(♪ダウンロードして聴いてみて下さい♪)
「地産地消おかやま」というキャンペーンソングなのですが、入口付近の特設コーナーでずーーーっとリピート再生されているので、
嫌でも耳に入ってきます・・・・まぁ良く出来た曲なので嫌いではありませんが、、、、

たまに無意識に口ずさんでいる時がありますわ( ̄~ ̄;)??

そんな曲もあるかと思うと・・・・やさしく、すぅーーーーっと溶け込んでくるような曲もございます(#^.^#) ニョホ
最近購入したアーティストにビューティフルハミングバードというデュオがいらっしゃいます。
DSCF0709.jpg
ビューティフルハミングバードとは田畑伸明さんのギターと小池光子さんのヴォーカルのデュオなのですが、まったくと言って良い程に知りませんでした(^◇^ ;) ほぇ~
そんな唄声を聴いたのは住友林業さんのCMでした。
これを唄っているのがビューティフルハミングバードでして、この曲のCDは発売されていないものの・・・聴いてみたいという衝動から既発売の5枚のアルバムをまとめて購入しました。
10周年記念でリマスターされたファーストアルバム「ビューティフルハミングバード」、「呼吸」、「空へ」、「HIBIKI」、そして最新アルバム「HORIZON」と、小池光子さんの唄声は子供に語りかけるかようなやさしさ(#^.^#) ニョホ
お薦めですよ♪

DSCF0710.jpg
そして、マルタ・アルゲリッチとセルジウ・チェリビダッケ両氏のCDも購入(^-^ ) ニコッ

◎幻のショパン・レコーディング1965
ショパン・コンクールでの圧倒的な優勝の直後に録音されたものですが、長らく表に出てこなかった音源。
この音源は約10年前に発売されたのでCDとしては手元にありますが、アビー・ロード・スタジオでデジタル・リマスターされたハイブリッドSACDとして発売されていたので購入しました。
収録されているのは何れもショパン作曲のピアノ曲で、
・ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 op.58
・マズルカ第36番イ短調 op.59-1
・マズルカ第37番変イ長調 op.59-2
・マズルカ第38番嬰へ短調 op.59-3
・ノクターン第4番ヘ長調 op.15-1
・スケルツォ第3番嬰ハ短調 op.39
・ポロネーズ第6番変イ長調 op.53「英雄」
若き日のマルタ・アルゲリッチのエネルギッシュなピアノ演奏は必聴の価値ありです♪♪)>ш=(^。^ )
[CD]EMI CLASSICS [国内盤]TOGE-11072

◎ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番他
これもマルタ・アルゲリッチのピアノ演奏で、モーツァルトのピアノ協奏曲第18番変ロ長調 K.456はオイゲン・ヨッフムの指揮(1973年録音)、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番ハ長調 op.15は小澤征爾の指揮(1983年録音)で共にオケはバイエルン放送交響楽団。
バイエルン放送の音源であり、自ら立ち上げた「BR KLASSIK」というレーベルで発売されたものですから録音の質も悪くありません♪♪)>ш=(^。^ )
[CD]BR KLASSIK [輸入盤]403571900701

◎ブラームス:交響曲第1番他
またもやブラ1ですが・・・・セルジウ・チェリビダッケがウィーン交響楽団を指揮した1952年のコンサート音源(ウィーン交響楽団アーカイヴ保有)が発売されましたので手に入れました( ̄ー ̄)v ブイ!
これはウィーンsoの自主レーベルでも発売されていましたが、このコンサートでのブラ1のみだったようで、今回のORFEOからの発売はこのコンサートをフルに収めたものとの事で非常に貴重な音源です。
録音は古いため当然モノラルですが、チェリらしさが良く出た良いコンサートのように感じました(^-^ ) ニコッ
ブラ1意外の収録はリストの交響詩「前奏曲」とラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲ニ長調でピアノはロベール・カサドシュによるもの。
[CD]ORFEO [輸入盤]C788122B

さて・・
DSCF0711.jpg
昨年末の紅白歌合戦での圧倒的な歌声も印象深かったMISIAのベスト盤、チェリのファンなら必ず持っている映画「チェリビダッケの庭」も手に入れましたが・・・・・久々にダブりました・・・「チェリビダッケの庭」ヾ(@† ▽ †@)ノうわーん
スペシャルプライスという言葉に確認もせずクリックしたのがいけませんでしたヾ(@† ▽ †@)ノうわーん

最後に・・・
DSCF0712.jpg
音楽之友社から発売された「創設50周年記念 レコード・アカデミー賞のすべて」という書籍を手に入れました(V^-°)イエイ!
レコード・アカデミー賞をご存じない方にご紹介。
1960年から始まったもので、その年に発売されたクラシックジャンルのCD(当時はレコード)を対象としたレコード批評家賞で、毎年12月発売の「レコード芸術」誌で賞が発表され、CDショップのクラシックコーナーでも受賞CDが並べられる恒例の賞なのです。
昨年までの50回もの受賞作品と当時の批評を1冊にした本がこれで、「これからクラシック音楽を聴いてみよう」とか「どうせ聴くなら良い演奏を」とお考えならば、一度手に取って見てみて下さい。
クリュイタンス指揮のラヴェル管弦楽作品集が特別付録CD(付録だから抜粋ものかと思ったらちゃんとしたCDで感心しました♪)が付いています。
[本]音楽之友社 ISBN978-4-276-96226-2

さて・・・これからスーパーへお買い物へ・・・・また「地産地消おかやま」の唄か流れているはずです。
♪♪たべてみられえー 岡山産 地産 地消 地産 地消 岡山 HEY♪♪

白旗~♪◇\(o・Q・o)/◇ マイリマシター
nice!(48)  コメント(8) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。