So-net無料ブログ作成
検索選択

花の旅(桶ヶ谷沼、船明ダム、栄林寺) [写真 - 中部 -]

今日訪れたのは磐田市にある桶ヶ谷沼です。
菜の花畑が美しいと聞いたので行ってみましたが、一面に菜の花畑が広がる黄色の絨毯は予想以上です
1268559836.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + SIGMA AF10-20mmF4-5.6EX DC HSM

桶ヶ谷沼はトンボの楽園として有名な所だそうで、国内の1/3にあたる67種類のトンボが生息するそうです。
そんな沼の入口一体が、この時期黄色に彩られ絨毯と化す絶景・・・・
花も多いが、人も多かった・・・・微妙に人が写真に写っていますねぇ


桶ヶ谷沼へ行く前に朝一で浜松市天竜区の船明ダムの「花桃の里」へ行ってきました。
桃の花が綺麗・・・と、ネットに書いてあったので行ってみましたが、実はここは「道の駅」でした
でも・・・まぁ桃の花が撮れれば良いかぁ・・・と思いましたけど、いろいろとお話しを聞くと、名前先行で、桃は後から植えたのですって・・・
確かに・・・木は若いです。
桃の花の香りは十分堪能してきました・・・写真的にはまぁ、、、良いかぁ
1268559915.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D


桶ヶ谷沼へ行く道すがら「栄林寺」へ寄り道。
ガイドブックにはハクモクレンが美しい・・・とありましたが、本堂横のハクモクレンの巨木は蕾が綻びかけた状況で少々早かったようです
とりあえず他のハクモクレンの花を写真に収めました。
1268560023.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

いろいろな所で花が咲き始め、忙しくなってきました
次週はアーモンドの花が綺麗というフルーツパークでも行ってみよう。
花の旅はまだまだ始まったばかりです
nice!(0)  コメント(0) 

アーモンド・フェスタ [写真 - 中部 -]

はままつフルーツパークの「アーモンド・フェスタ」へ行ってきました。

鼻血が出そうなアーモンド食べ放題的イベントではありません
ぴーんとこないかもしれませんが「アーモンド」ってどんな花が咲くか知ってます?

私も初めて知りましたが、花は桃の花によく似ています・・・それがこれ↓
1269180690.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

はままつフルーツパークでは園内に700本のアーモンドの木があるそうで、
開花は丁度今時の3月下旬から4月上旬でドンピシャのタイミング
私たちが食用としているのは花の後・・種子の殻の中にある仁と呼ばれる部分で、
収穫は8月中旬から9月なのだそうです

イベントでは「花より団子」な人の為に、アーモンドコロッケとか、アーモンドラーメン(なんだそれ?)も販売しておりました

園内には様々なフルーツの栽培をしていて、いろいろな花が咲き始めています。
その中でも一際香り立つ(本当に良い香りでした)花がこれ↓
1269180826.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

これは「プルーン」の花・・・プルーンについては全然知識も無かったのですが、スモモの一種なんですねぇ・・
しかし、果実は知っていても花は見たことは当然ありませんが、アーモンド以上に印象に残った素敵な香りでした

フルーツパークには「トロピカルドーム」と呼ばれている熱帯果実温室もあります。
その中でも特に印象的だったのがこれ↓
1269180464.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

「ヒスイカズラ」と呼ばれるフィリピン原産の植物で、花全体の形は藤の花に似ていますが、花の色は翡翠の色を連想させる薄い青色・・・・やはり熱帯植物の色というのは神秘的で日本には無い独特の色合いです

温室と言えば定番の洋ランですが、ここは果実メインですから、その木々に着生するランがチョボチョボ。
その中でも胡蝶蘭の仲間で「パンダ」と呼ばれる種類のこの花・・・温室外の光に照らされて印象的でした
1269180543.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D


午前中は気まぐれに雨も降る不思議な天気でしたが、午後には落ち着き太陽も出てきました。
13時頃に撤収・・・・駐車場に戻ってみると、自分の車がパリダカを走ったラリーカーかの如く泥水をかぶったような状態

なんじゃぁぁぁぁぁ、これはぁぁぁぁぁ!! (; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

今日は朝から不思議な靄がかかっていましたが原因はそれで、今日巷を悩ませた「黄砂」
午前中に降った雨は黄砂を含んでたようで、カメラバックやジャケットにもその形跡あり

しかし・・・・恐るべし中国パワー

アーモンド見に来たからって、グリコのおまけみたいなビックリネタ。
ネタとしては「一粒で二度おいしい」が・・・・・不運だ アハハ、、、☆:・.*・.ヽ(T-T )ノ ヽ( T-T)ノ .・*.・:☆、、、アハハ
nice!(0)  コメント(0) 

深山躑躅と万葉集(浜北平口) [写真 - 中部 -]

今日は浜松市の浜北(旧浜北市)にある「不動寺」と「万葉の森公園」へ行ってきました。
共に花の季節を知らせる静岡新聞の記事に誘われてのぶらりドライブです

「平口のお不動さん」と呼ばれている不動寺は、万葉の森公園に隣接したお寺です。
ミヤマツツジがとにかく美しい
1269247766.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

午前の柔らかい日差しを浴びて輝くミヤマツツジは良い絵になりました
1269247969.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Tokina AT-X270AF PRO 28-70mmF2.8



お寺の裏は「万葉の森公園」につながっていました。
名前の通りここは、花木や野草等の植物を詠んだ歌が数多く登場する万葉集をテーマにした公園です。
万葉植物300種を中心とした万葉の森というだけではなく、万葉集には4首の浜北ゆかりの歌が収められているのだそうです

ここを訪れた目的は、オキナグサとカタクリが見頃との情報によります。

先ずは「オキナグサ」ですが、漢字で「翁草」と書くのは知っていますが、万葉集では「根都古草」と書いて「ねっこぐさ」という名前で詠まれているのだそうです

「芝付の 御宇良崎なる 根都古草 逢い見ずあらば 吾恋ひめやも -作者不詳-」
1269248027.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

「カタクリ」も万葉集では「堅香子」と書いて「かたかご」という名で詠まれているそうです

「物部の 八十少女らが 汲みまがふ 寺井の上の 堅香子の花 -大伴家持-」
1269248086.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D


オキナグサもカタクリも写真を撮るには苦労する花達・・・・ローアングル且つ花は下向き・・・と図鑑用の写真みたいな出来
やっぱり山野草系の花は何時やっても難しいです
nice!(0)  コメント(0) 

かたくりの里 [写真 - 中部 -]

浜松市の北、旧水窪町にある「かたくりの里」へ行ってきました。
今日の天気は良くありませんが、来週はお祭り狙い予定なので今日しか行ける時がありません

しかし・・・水窪は遠い(浜松市が広すぎるのだ)です、、、2時間かけて現地に到着しました。

曇り空で、時よりパラパラと雨が降り出す天気・・・
五分咲きとの看板が出ていましたが、日がさせばカタクリの花ももう少し開いてくれそうな感じです。
1269770373.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + TAMRON AF28-200mm Super XR F3.8-5.6

ここのカタクリは約3万株あるそうで、結構有名みたいですよ

花によってみると薄紫色の花びらの奥には美しい模様も見られました
1269770167.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

群生して咲いている絵柄を狙ってましたが、この天気ではやはり無理
やはり可憐に咲く一輪の花・・・・・カタクリの花のイメージということにしておきましょう
1269770046.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D


さて、来週は恒例の「遠州横須賀三熊野神社大祭」です。
今から天気予報が気になります・・・・気合いを入れて昨年のリベンジです
nice!(0)  コメント(0)