So-net無料ブログ作成
検索選択

松秀寺の睡蓮 [写真 - 中部 -]

袋井市にある「松秀寺」へ行ってきました。
ここは睡蓮が美しいと言われているお寺さんで、今回初めて訪れてみました

睡蓮はこれからが時期・・・かと思っていたら、意外にも種類によって開花時期が違うようで、
赤系は5月頃、黄系は7月らしい

赤系も少しは咲いていましたが、それでもポツポツ。
見栄えする花はこれぐらいでした
1246776428.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

この門前にある弁天池は綺麗に整備され、池一面に繁茂する睡蓮には、とにかく驚きです
1246777289.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S3 Pro + Tokina AT-X124AF PRO 12-24mmF4DX

まぁ、初回ですから・・こなんものか・・と変に納得した松秀寺でした。

しかし・・・ウシガエルの鳴き声ががやたらめったら五月蠅かったです
nice!(0)  コメント(0) 

海より深い買い物ネタ [買い物]

ずーーーっと写真ネタばかりでしたから、今回は久々のお買い物ネタです

ちょこちょことお買い物した物をまとめてご紹介します。
1247408487.jpg
先ずはCD。

1.ベートーヴェン:交響曲第4、7番他
カルロス・クライバーがバイエルン国立管弦楽団を指揮した録音なのですが、MEMORIES EXCELLENCEというイタリアのレーベルらしいのですが、どこの音源なのか出所が良くわからない盤です(もしかしたら海賊盤?)
故にいつ、何処での録音なのか全くと言って良いほどにありません
でも、デジタル録音という表記ですから、どこぞの放送協会からの流出ものかもしれません。
(MEMORIES EXCELLENCE ME1005)

2.Summer night concert Schoenbrunn 2009
オーストリアのウィーンにあるシェーンブルン宮殿で行われたウィーンフィルハーモニー管弦楽団によるSummer Night ConcertのORFによる録音です。指揮はダニエル・バレンボイム。
これはジャケットのデザインが良かったので手が出たのですが、映像でも欲しくなるアイテムです
(DeutscheGrammophon 0002894763475)

3.シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、ブラームス:ヴァイオリンソナタ
タワーレコードのビンテージコレクションシリーズの第8弾のうちの1作品です。
これは、エリザベート国際コンクール優勝のヴァイオリニスト堀米ゆず子さんのデビュー録音とコンクール最終審査のライヴ録音。
ビンテージで発売・・・ということは、こういう音源のCDというのは日本では売れないのですかね
(DeutscheGrammophon PROC-1016/7)

4.ショパン:前奏曲
今になってクラウディオ・アラウの音源がSuper Audio CDになって出てくるというのも不思議なものです。
1973年の録音でユニバーサルの音源ですが、発売は私の知らないレーベル名だね
(PentaTone Classics 5186165)

5.誘梛(IZANAGI):花と森と太陽と
これは先般写真を撮りに行った可睡ゆりの園で遭遇したシンセサイザー演奏家の誘梛(IZANAGI)さんのCD。
生演奏を聴いてこういうのは買わない手は無いでしょう
この自主制作盤で流通はしていないようですね。

6.馬場俊英:BEST1996-2007
馬場俊英さんは「スタートライン~新しい風」がTVで紹介され、やっと名前が売れたアーティストです。
そんな方のベスト盤が出たというのは嬉しい限りです

1247408809.jpg
次にDVD・・・お買い得セールもあって、大量購入したけれど・・・

7.ナイトミュージアム
今更・・・とは思いますが、博物館の夜間見学をブームにした作品。

8.ローマの休日
疑いようの無い名作のデジタル・ニューマスター版がお買い得でした。グレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーン・・・・絵になる俳優、ローマというロケーション・・・何度でも観返せる良い作品です

9.冬のソナタ
チェ・ジウとペ・ヨンジュンの韓国ドラマで、韓流ブームを巻き起こした作品。実は私も見事に填った派でして、録画していたビデオテープからDVDへのダビングが面倒臭くって・・・買っちゃいました

10.ダ・ヴィンチ・コード
このミステリアスな展開は観る価値あり。トム・ハンクスの演技はやはり良いですね
続編観るには、やはりこれを観ておかないといけません。

11.地球へ・・・
この作品、最近リメイクされているらしいのですが、私にとっては1980年公開のこの作品のイメージが大きいです。竹宮恵子さんの漫画のアニメ映画化ですが、今更ながら声優陣のキャスティングに驚きます
志垣太郎、薬師丸ひろ子、岸田今日子・・・・何よりキース・アニアンを演じているのが今は亡き沖雅也。
キース・アニアンはこの声でないとしっくりきません

12.崖の上のポニョ
宮崎駿監督の最新作。公開期間に観に行けなかったので、この作品はDVDで初めて観ることになります。

13.チェ28歳の革命、チェ39歳別れの手紙
これこそどうしても観たかった作品です。キューバ革命を成功に導いた革命家チェ・ゲバラの生涯を映画化したもの。期間限定ダブルパックというのが尚更嬉しい

middle_1247409110.jpg
とうとうゲーム専用機を購入・・・・ニンテンドーDSi

ゲームがやりたかったというよりも「星座ナビ」というソフトがとにかく秀逸!
GPSを内蔵していて、星空にDSを向けるとその方角の星、星座を示してくれる、私のように星空に詳しくない者にはありがたいソフトです(これの為に投資したようなものです)
DSテレビでワンセグも観られて、毛筆の練習も出来るなんて・・・・・これってゲーム機なの?


お買い物ネタにしてはちょっと量がありすぎましたね・・・・・海より深く反省しています
nice!(0)  コメント(0) 

尾瀬の黄色い絨毯 [写真 - 山岳 -]

7月18~20日を使って尾瀬へ入ってきました。
今回は会社の方を1人連れての入山です。

17日の夜に浜松を出発し、尾瀬の入山口である戸倉に着いたのは午前3時。
駐車場で仮眠をとって・・・5時頃に目を覚ますとシトシト雨
もともと天気予報は良くありませんでしたが、僅かな希望は叶いませんでした。
7時頃のんびりと鳩待峠を出発し、雨の尾瀬ヶ原を歩くと、下ノ大堀はニッコウキスゲの見事な群落を見せてくれました
1248602794.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Nikon AF Micro Nikkor 105mmF2.8D

この日は一日雨続き・・・・宿泊先の第二長蔵小屋さんへ入り、二人して呑むばかり

翌日、朝から雨模様・・・・と、思いきや、出発の7時頃には晴れ間が見えてきました
白砂峠を越えて沼へ行くのみの行程ですが、有り難いことに強い日差しもあり、汗だくでの峠越えでした

尾瀬沼の北岸を歩き、大江湿原へたどり着きました。
今年はニッコウキスゲの当たり年との情報。昨年が酷かったので尚更満足ですが・・・・前評判の割には群落が(初めて訪れた時の凄さに比べれは)小さかったので、少々残念
宿泊先の沼畦長蔵小屋でのんびりとした後、日帰りのお客さんが引けた日没近く、大江湿原へ出てみました。
昼間の人混みは嘘のよう・・大江湿原は静かで落ち着いた雰囲気です
1248603596.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + Tokina AT-X124AF PRO 12-24mmF4DX

この日の夜はビジターセンターのスライドショウを観て就寝。

翌日朝、燧ヶ岳に雲が掛かりながらも天気は良さげだったので、早起きして沼岸へ出てみました。
山の東側の空が少し色が付いた程度でしたが、静かな雰囲気を楽しむことが出来ました
1248604389.jpg
[カメラ]FUJIFILM FinePix S5 Pro + TAMRON AF28-200mm Super XR F3.8-5.6

この日は道路渋滞も考え、午前中に大清水へ下山・・・・戸倉に新しくできた「尾瀬ぷらり館」で温泉を楽しみました
ここには東京電力自然学校というものもあって、お立ち寄りスポットとしては良いところでした
http://www.tepco.co.jp/eco/ns/

ETC一律1,000円効果もあってか、高速道路はどこも大渋滞
東名の大渋滞に填り、浜松へたどり着いたのは深夜0時でした

私は、翌日からは講習、東京出張・・・・体は休まることなく1週間が経ちました
この週末は家でのんびり・・・・

今回の尾瀬入りで、長年使っていたレインウェアのズボンのゴムが伸びきってしまって現役引退となりました。
登山用品店を巡っても、ゴアテックス物はどこも高価・・・・そんな中、Lowe alpineの特価品を見付けました
これからはこのウェアが山旅のお供・・・・出来ればあまり使いたくはありませんけど、雨旅の際はどうぞよろしく
nice!(0)  コメント(2)