So-net無料ブログ作成

バラバラにしたくなる誘惑 [買い物]

こんな物を買ってしまいました
1215267953.jpg

そう!「ルービックキューブ」です。懐かしい・・・・でしょう?

何で今更こんなものに手を出したのか?というと、
今通っている歯医者さんの待合室に置いてあるのを、暇に任せて毎週のように弄くり回していたのですけど、

これって、揃えられそうでできないんですよねぇ~ (゚_。)?

先生や助手のお姉さんにも「どうです?できました?」とか「中々難しいでしょう?」とか
「填るでしょう?」とか言われるのです。

私が「バラバラにして組み立て直したくなりますよ」なんて言うと
助手のお姉さんも「そうそう、そうですよね、いらいらしますよね」って ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

こういうのって、出来ないのがいらいらする性分なので、集中的に弄ってみるか?と思った次第。

会社帰りにイオン市野へ買い物をしに来たついでに、おもちゃ売り場へ寄り道したらば・・・あるじゃないですか・・・・ルービックキューブ!

でも・・・以外と高いのね?  2,000円ですよ ∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

躊躇ったけど・・・・・・衝動買いですね

攻略法の解説付きなので、これからいろいろと弄ってみます。


で、今日の本来の買い物はって言うと・・・これです、これ!
1215268309.jpg

先般買った、カラヤンの1988年のラストコンサートシリーズの続編が2枚。
1.モーツァルト/交響曲29番とチャイコフスキー/交響曲6番「悲愴」
2.ベートーヴェン/交響曲4番とムソルグスキー/展覧会の絵
共にベルリンpo.を従えた1988年の東京でのライブ録音。モーツァルト&チャイコフスキーは東京文化会館、ベートーヴェン&ムソルグスキーはサントリーホールでのコンサートです。
とにかく、NHKさんにはこういう貴重な音源が眠っているようですから、どんどん出してもらいたいですね

3.ベートーヴェン/交響曲7番&8番
4.バルトーク/ピアノ協奏曲3番とシューマン/交響曲4番
共に最近填っているタワーレコードビンテージコレクションシリーズ。これの第6弾!
このシリーズは、CD化されていない音源や、廃盤になったもの、日本初発売と心擽るものが目白押しの企画なのです。
ベートーヴェンは、クラウディオ・アバドがウィーンpo.を指揮したデビュー録音盤です
バルトークの方は、カラヤンがドレスデン国立or.を指揮した1972年のザルツブルク音楽祭のライブ録音で日本初発売・・・・だそうです。

久々のクラシックCD・・・じっくり聴こうと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

尾瀬で歌ってリフレッシュ♪ [写真 - 山岳 -]

連休を使って、尾瀬に行ってきました。

20時に浜松の自宅を出発し、深夜2時に玄関口となる(群馬県片品村)戸倉の駐車場に到着。
今までの経験から、早朝にはこの駐車場が満車になっていたので、どうにかして深夜のうちに入りたかった・・・のですが、、、、
朝目覚めても満車になっていない ∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

どうやら新しい駐車場が出来て、そちらに流れたようです。
(眠い目こすって、無理して来ること無かったじゃない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!)

事前に何も調べず来た罰ですか? まぁ、慣れすぎた故の過ちでしょうね

さて、期待に胸弾ませて鳩待峠から尾瀬ヶ原へ入りました。
何となく・・・期待していた程にニッコウキスゲの花数が少ないなぁ・・・と感じていましたが、
全体的に花芽が付いていないというのを実感(今年は外れ年かぁ・・)

それでも下の大堀まで来ると、それなりの群落を魅せてくれます。
1216737102.jpg

当たり年の状態に比べると、群落の広さは半分かなぁ?と感じる状況ですが、とりあえず今年も拝めた事に先ずは感謝

この日泊まった「第二長蔵小屋」は、尾瀬ヶ原の燧ヶ岳側に位置する見晴と呼ばれる場所にある山小屋さんです。
尾瀬沼にある由緒ある長蔵小屋さんがこの地区に建てた2件目の山小屋。
以前よりここに泊まっていたので、こちらの支配人さんにいろいろとお世話になっている所です。

今回、第二長蔵小屋では偶然にもこんなイベントが催されました。
1216737544.jpg

新宿にある「ともしび」という歌声喫茶の方(と、聞きましたが・・)が、談話室を使って尾瀬版即席歌声喫茶をやってくれました。
アコーディオンを持ったお二人の演奏に合わせて、シャンソン歌手(すみません・・お名前は忘れました)と大合唱

「夏の思い出」は当然として、「青春時代」その他諸々が消灯時間まで尾瀬の地に響き渡りました。
他の山小屋さんからもギャラリーが詰めかけ、大入り満員でした


さて、翌日は期待を持って尾瀬沼へ縦断。
途中の沼尻、浅湖湿原・・・・ニッコウキスゲがほとんどありません ( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーンガーンガーン………

で、いつもなら真っ黄色の絨毯が飛び込んでくる筈の尾瀬沼畦の大江湿原・・・・
即、長蔵小屋へチェックインしたのは言うまでもありません。

もう、後は飲むだけしかありません (* ̄O)◇ゞ ゴクゴク

夕方になり、夕暮れくらいはどうにか・・・と思いつつも、雨がシトシト

一瞬の小止みを突いて撮ったのがこれです。
1216737999.jpg

落ち着いた雰囲気で良いでしょう? って、ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
湿原の方向を見てください。
ニッコウキスゲっていう色がありません。
残念ですが、今年は完全に外れ年です。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!

小屋の方にお話を伺いましたが、7月初旬に遅霜があって花芽をやられた事、鹿の食害が酷く、ニッコウキスゲが全体的にやられた事、この2点が原因のようだと尾瀬保護財団から発表があったとの事。
後者の原因が甚大であれば、暫くあの大群落を尾瀬で拝めなくなる可能性もあります。

今年のシーズンオフは鹿の駆除に乗り出すのではないか? そんな気もします。

こんな状況もあり、翌日は早々に山小屋を出発し、大清水から戸倉までバス移動。
お昼過ぎには浜松に向けて出発しました。

良しも悪しくも、行楽渋滞に填ることなく、19時には無事に帰還いたしました。

暫くぶりの山旅でした。
絶景!には巡り会えませんでしたが、鈍った体のリフレッシュには十分。

何となく・・・歩き方も歳相応&体力に見合ったペースだった感じ ('∇^d) ナイス☆!!

どこかもう一カ所、チャレンジしたい(というか、リベンジしたい)そんな気分の尾瀬でした。
nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。